無保険だとどうなる?

自賠責保険に加入していないケース

日本国内で自動車を運転する場合は、自賠責保険に加入していないと法的に罰せられる事から、ほぼ100%近い加入率であるものの、わずかに加入していない自動車もあります。自賠責保険未加入車を運転して、相手方に被害者がいる人身事故を起こした時は、国が補償費用を肩代わりして被害者に治療費などを支払いますが、加害者は相応の責任を負う必要が出てきます。その責任とは、国が肩代わりした治療費を加害者に請求してきたら、一定期間のうちに支払いをしなければならない事であり、この責任を果たさないと裁判や差し押さえなどが起こります。支払額に関しては、被害者の治療額によって大きく異なり、障害が残る場合は数百万円から数千万円単位の支払いが命じられる可能性があるので、自賠責保険の加入は必須と言えるでしょう。

任意自動車保険に入っていない場合

任意自動車保険(任意保険)に加入していない時は、物損事故や運転者本人への補償が行われないので、仮に第三者の財産を傷つけてしまうと加害者本人が全額弁済をしなければなりません。状態が良くて走行距離の少ない普通乗用車を傷付けた場合は、200万円以上の賠償責任を負う事もあります。そして、任意自動車保険は、数多くのサービスを提供していますが、保険未加入者はサービスを使う事が出来ません。未加入者が事故を起こした場合のレッカー移動や、燃料切れなどは実費請求されるのが一般的なので、これらのサービスを使うと1度で数千円から数万円単位の負担が必須となっています。自動車関連のトラブルで一度でも大きな負担をした事がある人は、任意自動車保険に加入しておく事を忘れないようにしましょう。