どんなときに役立つのか

自賠責保険では足りなかったときに役立つ

車検を定期的にきちんと受けている自動車ならば、自賠責保険というものに間違いなく加入しています。そのため、自動車で事故を起こしてしまい、誰かに怪我をさせた場合は、自賠責保険から補償金が支払われることになります。しかし、補償は最低限に設定されているため、大きな事故や死亡事故を起こしてしまった場合は、相手側からの請求額よりも下回ってしまう場合が多いです。もちろん、不足した金額は、個人で支払わなければいけません。それをカバーしてくれるのが、任意で加入する自動車保険です。それぞれの保険会社で補償額に違いはありますが、ほぼ間違いなく無制限のプランが用意されているので、そちらに加入しておけば事故を起こしてもお金で困ることはなくなります。

車に関するさまざまなトラブルに役立つ

自動車を運転中に事故を起こしてしまったときは、他者に怪我をさせるだけではなく、自分も怪我をしてしまう場合があります。その治療費も保証してくれるのが任意保険です。そのほかにも、自動車の窃盗や対物事故での補償など、さまざまなトラブルに役立ってくれます。パンクやバッテリー上がりなどに利用できるロードサービスがついている任意保険も多いので、事故ではないトラブルにも対応するといえるでしょう。ただし、これらの保険はオプションとなっている場合もあるので、必要なものがあるのなら、きちんと確認した上で契約する必要があります。もちろん、オプションの場合は、保険料が高くなってしまうので、コストを考慮した上で契約しましょう。